【簡易版】初期☆4 機体 ガンダムアストレイ ブルーフレームD紹介!! | ガンダムウォーズ

どうもがんだもです!

 

新イベントは『ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R/B』イベントでしたね!

他に先にやって欲しいシリーズも多々あると思われますが、、、、、

 

イベントまとめもしようと思ったのですが、既に日にち立ってしまったので今回はスルーで、、、、、

まぁいつも通りのイベント内容なのでまとめる必要もそんなにない感じもしますし、、、、

 

という事で今回はガンダムアストレイ ブルーフレームDの簡易紹介をしていこうと思います!

 


 

【機体特性】

まずは機体特性から紹介していきたいと思います。

ブルーフレームDは後衛の支援機体となっています。

攻撃スキルは全て実弾で、前方単体・範囲攻撃が主体ですが、攻撃に期待する機体ではなくメインは実弾攻撃強化が使いどころになってくる感じですね!

やっと強力?な実弾強化支援の機体が出て来たといった感じで、私の周りでは結構引いてる方が多い印象の機体です。

 


 

【ステータス紹介】

続いて☆4MAXステータス紹介です。

緑で記載されている部分はVer.11以降のパーツとカスタムパーツの数値が加算されているため、☆4のベース数値でひとまず紹介していきたいと思います。

☆4ながら支援機としてはカスタムパーツで補えば十分にアリーナでも使用可能なステータスかなといった印象です。

 

耐久度的にはセカンドLの☆5と大きな差はない印象になってる感じなので、このポジションに入れる機体としては☆4でもMAXまで育てれば、まぁ及第点といった感じですね。

個人的には最低ラインをHP13,000・ビーム防御800・実弾防御700を目安にしており、カスタムパーツで補えばクリアできるベース数値になっているので、今のところ☆4でも使用は出来てる感じになっています。

☆6まで育てた場合は機動の低さが気になるかな~といった感じになりそうなので、HPと各防御の数値を見つつ機動もうまく上げたいかなという印象です。

 


 

【必殺技紹介】

今回は簡易版なので、とりあえず必殺と支援系のスキルのみ紹介、、、、、。

☆6まで育てたら完全版?としてレビューしたいと思います。

 

まずは☆4MAX必殺技です。

【必殺技】シペールソード

攻撃判定:前方単体に5HIT

威力はそこそこ高いんですが、支援機ですし実弾攻撃も☆4だとそこまで高くないので、あまり強さはまだ感じられてないですね。

☆6になった時に実弾攻撃の基本ステータスと実弾強化スキルの影響により、どれくらい変わるかで評価が変わってきそうではあります。

 




 


 

【スキル紹介】

まずはスキルサイクルの紹介。

 

ブルーフレームDのスキルは全てが後衛となるため、後衛にのみ特化した機体となります。

スキルサイクルは下記の通りとなります。
※ミッションステージは65で確認

  1. 攻撃態勢
  2. ソードドラグーン【連撃】
  3. 戦闘支援
  4. 通常
  5. ステルスドラグーン
  6. ソードドラグーン【連撃】

恐らく上記を繰り返しになります。
※3週目のステルスドラグーンまで確認済み

 

続いて支援系スキルの紹介です。

※スキルは☆4MAXでの数値となります。

 

●【後衛スキル】戦闘支援 Version7解放

効果:クリ率上昇

味方全体のクリ率を上昇させるスキルなんですが、自身クリ率上昇持ちのZZと絡ませて通常ステージで検証したところ、クリティカルが発生しない事も多かったので、正直いらなかった感じもしますね、、、、。

これなら命中アップとかの方が嬉しかった感じもしますし、クリティカルは運要素なのでクリティカル確定持ち以外の機体ではおまけ要素といった感じでこれを当てにしてしまうとかなり拍子抜けな印象が大きいです。

割とスキルの一つが殺された印象となってしまいました、、、、。

 

●【後衛スキル】攻撃態勢 Version9解放

効果:実弾攻撃上昇

セカンドLのビーム攻撃をまんま実弾に置き換えたスキルとなっており、かなり強力な支援能力になってます。

 

☆6だと上記の効果になり時間も20秒と長く、スキルサイクル的にも生存させられれば、ほぼ恩恵が受けられるような感じになっていますね。

特に実弾攻撃機体は単体への威力が高い攻撃スキルを持っている機体が多く、一撃の威力が跳ね上がりやすくなるため非常に強力になる事は間違いないといった印象です。

 


 

【まとめ】

個人的には味方全体の実弾攻撃強化機体は待っていたという感じだったので、いいタイミングで来てくれたかなと思っています。

どうしても相手実弾防御低下だと、確率的にかからないリスクがあったりするので、相手編成へのデバフよりも自編成バフ持ちの機体の方が使い勝手が良い印象なんですよね。

相手実弾防御低下持ちのバエルに関しては、前衛の妨害機体としては耐久性も高いので、一長一短な気もしますが扱いやすいのはやはり自編成に対してバフをかける方が無難ですね!

バエルは初手じゃなく3手目にデバフ発動ですし、、、、

 

相手前衛に分身機体がいる場合は、ヴィダールやフルアーマーユニコーン等の全体必殺・スキルや直線範囲攻撃持ちと組ませる形で前衛の分身機体を後回しにする形に組ませて、それ以外の場合は鉄血シリーズの前衛攻撃機体で、単体メインの攻撃で一体ずつ落とすといった形に編成していく感じがベストかなという感じですね!

 

アリーナでは現在ビームメイン編成が多いため、今回のブルーフレームD参戦で攻撃側はかなり戦略的な幅が広がったような気がします。

特に鉄血シリーズの機体は、実弾攻撃機体の火力トップクラスの機体が多いため、相手編成に合わせてブルーフレームDと使用していけば勝ちやすくなっていくと思います。

 

鉄血シリーズの機体を持ってる方で、実弾メインで戦いたいというプレイヤーは間違いなく引いておいて損はないと思います!

☆4でも防御バフ機体と組み合わせる事でしっかりと役目を果たせるので、1体は引いておきたい機体になっています。

 

今回は簡易版という事で、サクッと紹介しましたが、少しでも参考になれば幸いです。

一応ブルーフレームDは23日までピックアップ中なので、欲しい方は自己責任でゲットを、、、、w

 

それでは今回はこの辺で!

ガンダムウォーズに関する情報や雑談・載せてる情報間違ってるよ!!等、お気軽にコメントお願いします!

 


ブログランキング参加してます

 

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

 



 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。